英単語教材DUOを使ってTOEIC勉強→650点

英語資格の取得を目的として、TOEICを受験することにしました。学生時代に受験したことはありましたが、英語が苦手な私には難易度が高い試験でした。当時は600点すら届かなかったので、今回はしっかりと勉強しようと計画しました。

英語もすっかりと忘れたため、英単語を覚えることから始める為、英語の得意な友人に良い教材を聞いてみました。その時に紹介された教材が、DUO3.0という英単語暗記用の本でした。これは大学受験などで使われているらしく、文章から英単語を覚えるという変わった教材でした。

CDを一緒に使うと理解度が高まると聞いたので、毎日1時間ほどCDを聞きながら勉強しました。あまり知らない単語からよく聞く単語まで様々でしたが、毎日聞くうちにかなり覚えられたと実感しました。1カ月が経過した頃に、力試しにTOEICを受けてみようと思い受験の申込みをしました。

この教材だけでは不安だったので、TOEICの模擬受験のテキストも購入しました。2週間前はTOEICの対策に専念して、DUOは通勤時間などに聞くようにしました。TOEIC受験では緊張しながら問題を解きましたが、思っていた以上に内容がわかって嬉しくなりました。

以前受験した時は全く読めなかった長文も、ある程度は理解できるようになっていました。結果は650点で、暫く英語を離れていたのにかなり満足できるスコアでした。DUOはTOEICなどでも良く出る単語がピックアップされているので、基礎を固めるにはお勧めの教材です。

 

DUO3.0でTOEIC445点→620点

大学時代、試しに受けたTOEICは、445点と、散々な結果であった。本格的に英語ができるようになりたい、TOEICの点数を上げたい。そう思った私は、自分なりに勉強法を考え出し、そしてかなりの点数アップにつながった。

まず、基礎構文と英単語知識に関しては、DUO3.0(鈴木陽一・著)を徹底的に聞き込んだ。毎日通勤や散歩の時間に、ウォークマンに入れた音声を聞き込み、本を読んで、チェックするということを繰り返した。高校時代から、構文や英単語知識は得意なほうであった。問題はヒアリングである。

ヒアリング対策に関してだが、PCではインターネットにより海外のラジオを聞くことができる。少し検索すれば、意外と簡単にアメリカの地方のラジオ局にアクセスできる。テレビを見る代わりに、ラジオを聴く習慣をつけた。そして、スマホの活用。スマホもネットにつながる。そして、スマホのアプリの中には、タッチ一つで海外のラジオ局にアクセスできるものがある。それらをダウンロードし、Bluetooth対応のヘッドホンを購入し、散歩しながら英語放送を聴いた。圧倒的に聞き流した効果であろうか、半年の勉強でのぞんだTOEICでは、620点をマークした。あと半年で700点を超えることを当面の目標としている。意外と効果的な学習法だと思う。


No Comments on “DUO3.0(鈴木陽一・著)でTOEIC対策をした2人のレビュー”

You can track this conversation through its atom feed.

No one has commented on this entry yet.

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>